目次
★第34 回あらかわ福祉まつり ★荒川区内情報
★情報あれこれ  ★ふらっと.フラット情報
★ジョイフル三ノ輪縁日大会
・若者ボラ、まめまめボラ 募集
★介護フェア・ダンボの会公開講座
・あらかわ子ども応援ネットワークお知らせ
★今月の「あらんてあの人」・配布先  ★釜石唐丹小中学校へ
ピアノ寄贈チャリティコンサート
・Hey-poccoセンター長のつぶやき







 釜石市唐丹にある唐丹小中学校の体育館にあるピアノは、津波で流され失われ、震災後に東京芸術大学から 寄贈されました。このピアノは、東京芸術大学の学生の練習用として使われていたもので、かなり消耗し、 調律の際に専門家より、「使用の限界にきている」との指摘をもらいました。
 釜石市は、ハード面の復興は進んでいるものの、市としては、ピアノ更新の予算化は困難のようです。
今回、この寄贈活動は「唐丹希望基金」という東日本大震災以降、唐丹の子どもたちへ支援を続けている 団体が窓口になっています。
 荒川区民としても、同様に釜石市への支援を継続していますが、この呼びかけに協力をさせていただき、 区内のさまざまな機会に募金活動を展開し、 ピアノ購入の 実現に向けてこのチャリティコンサートを開催 するものです。
皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。




Hey-Pocoセンター長のつぶやき

 今年の台風被害が、ここまで甚大な災害となるとは!
千葉県内の停電や強風により屋根など被 害は、東京都島しょ部(大島、新島など)でも同様の被害でした。
荒川区でも強風による屋根や 瓦の被害がありました。
区内では、小型の物置きが倒れ、起してもらいたいとの相談が1件、あ りました。
台風の進路や状況しだいでは、木造家屋が多い荒川区も今回のような被害が想定され ます。
荒川社協では、2社の工務店と災害時の協定を結んでいます。
ボランティアの対応できる ものとやはり、専門職でなければ対応できないものなど、今回の台風で、新たな課題がまた見え てきました。
現在、復旧はまだまだという中で、この原稿を書いていますが、いつになったら、 千葉県全域の電気が復旧するのだろう・・。
                                                                                        asano


戻る 戻る