目次
★今月の1枚 
     ・あらかわ子ども応援ネットワーク

★荒川区内情報 情報あれこれ
★ふらっと.フラット情報
★今月の「あらんてあの人」・配布先  
★サマーボランティアスクール2020
     Hey-Pocpセンター長のつぶやき  








サマーボランティアスクール 2020

チャレンジの夏! ボランティアへのファーストステップ

小学生から社会人まで 今年の夏は在宅ボランティア体験!
こんな時期なので、じっくり、自分のペースで体験、 さまざまなプログラムから選んで参加できます。 ぜひ、ご参加ください!
今年のサマーボランティアスクールは、説明会などはありません。
また、夏休み期間の短縮などの状況によって、体験期間を決定します。

  参加エントリー  7月上旬/配布するチラシ・サマボラ特設ホームページから
             参加申込プログラムを選んでエントリーする。
                          ※定員があるプログラムもあります。
 体験キットや資材が届く → 在宅で体験する。→成果物をボラセンに送る
                          ※メールや郵送で返送していただく。
  各施設や団体に送られ、コメントなどが返ってくる。
                          ※体験プログラムによっては、パソコンやインターネットなどを使用するプログラムもあります。

★プログラム例

〇在宅で点字をマスターしよう!
      「点字にチャレンジ!」テキストで、点字基本(読む・書く)   点字を読む→回答を送る 
   点字を打つ→視覚障がいの方へ短い手紙を打つ
                   回答は、まごころ作業所(点字工房)の当事者が総評をします。
〇在宅で手話を学ぼう!
     映像で学ぶ、手話で交流!
〇エッセンシャルワーカーへメッセージを送ろう!
      ※標準的な定義は「市民の生命と財産を守るために働いている人」医療関係者はもちろん、
         暮らしを支えるゴミ収集、宅配、スーパー、コンビニの人など・・・・へ。
〇高齢者施設などの高齢者へ、絵手紙を送ろう!
〇高齢者施設の高齢者の方々に、歌やダンスを映像で届けよう!
             などなど、いろいろなプログラムを用意しています!・・・・・・・・

             詳細は、「あらんてあ7月号」をご覧ください。


Hey-Pocoセンター長のつぶやき
 皆さま、どのようにお過ごしでしょうか?
リモートワークやテレワーク(在宅勤務)が多くなっている現在、リモートボランティアもあってもよいと思っていますが・・、 どのような形が考えられるでしょうか?
 今年のサマーボランティアスクールは、いつものように各施設や団体に出向いて、体験や交流するプログラムではありません。
しかし、上記のように「在宅体験・交流」というプログラムを考えました。
今年も例年同様、さまざまな施設や団体の協力をいただき実施します。
在宅での体験・交流が、新たな出会いや発見がある、そしてつながりが生まれるものとなることを願っています。
ぜひ、多くの皆さまにご参加いただくことを願っています。                     asano




戻る 戻る